サクラ見頃を迎え、フデリンドウ,ヤブレガサも続いています

ソメイヨシノとオオシマザクラが見頃です。続いてヤマザクラ→ヤエザクラ→アマノガワ→ウワミズサクラが咲き出します。散策路ではフデリンドウの青い花、若葉色のヤブレガサの芽、黄色のヤマブキとレンギョウ、白いジュニヒトエ、シャガ等を観る事が出来ます。又、丹沢山塊と頂上に雪のある富士山をサクラの花の隙間より眺める事が出来ます。

見晴らし広場のオオシマザクラ
実生より9年目のヤマザクラ
富士山
百本シダレ
山野草ヤブレガサ
フデリンドウ

サクラの開花が進み、フデリンドウも咲き出しました

ソメイヨシノ,オオシマザクラの開花が緑地1.8kmに亘って進みました。ヤマザクラは、薄茶色の若葉を広げ、蕾の膨らみを待っています。散策路では、フデリンドウが、青い花を広げています。運が良ければ、ウグイスの鳴き練習やシジュウガラの特徴ある鳴声を聞けます。白いシャガ,ピンクのカイドウやイロハモミジの若葉等が、眼を楽しませて呉れます。

見晴らし広場のソメイヨシノ
百本シダレ
緑の葉と一緒のオオシマザクラ
フデリンドウ
カイドウ
キブシ

サクラ,アンズ等が咲き、雑木林の芽吹きが観れます

ユキヤナギの白い花より、サクラ,アンズ等の花に移ります。見晴らし広場,かぶとむとの林入口,お花見広場のソメイヨシノと百本シダレが開花しました。西口のアンズも白い花を咲かせています。フデリンドウも筆穂を膨らませています。かぶとむしの林では、コナラが芽吹きました。

かぷとむしの林のソメイヨシノ
お花見広場のソメイヨシノ
百本シダレ
西口のアンズ
かぶとむしの林のコナラ芽吹き
フデリンドウの筆穂

雑木林の芽吹きが始まり、サクラの蕾が膨らんできました

立春も過ぎて暖かくなり、ヒサカキの蕾も黄緑色に変わって、芳香を漂わせています。トサミズキやオオバヤシャブシ等の芽吹きが始まりました。サクラやアンズの蕾も膨らんでいます。散策路では、スミレ,モミジイチゴ,シキミ等が咲き、フデリンドウの芽が大きくなっています。ヤブレガサ等の山野草はこれからです。

ヒサカキ
トサミズキ
タチツボスミレ
モミジイチゴの白い花
ソメイヨシノの蕾
ヤマザクラの蕾